初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

ペアの婚約指輪を購入

一つ一つのリングが独立していて全く違ったデザインではなくて、二つのリングを組み合わせるとペアにする事ができるリングがあり、婚約指輪や結婚指輪などによく使われる事があります。

一つのリングだけを見ても特に普通のリングの様に見えても、重ねてみるとデザインがつながっていたりします。

婚約した事の記念として贈るリングですので、やはりその中には特別な意味を込めたいという時にはペアの物を選ぶといいでしょう。ペアと言ってもシンプルで同じ様なデザインの物ばかりではなく、かなりデザインは多用な物もあります。

普段はお互いが一つずつ持っている事が多いと思いますので、二人にとっていい婚約指輪を見つけたいですね。

婚約指輪のコストを考える

よく結婚指輪のコストはいくら位が理想的か、と言われる事があります。しかし、婚約指輪を買う場合と買わない場合では、指輪に費やす事ができるコストが変わってくるでしょう。

婚約指輪を買おうと思っているのであれば、結婚指輪だけにあまりにも高額な物を買う分けにもいきませんね。また、自分の分と相手の分が必要になってきますので、その事も考えておかないといけません。

コストについてはバランスを考えて予算を事前に算出しておくと後でお金がなく困るという事は防げそうですね。

結婚する前後は何かとお金がかかる事が多いので、ある時突然、予想外の出費に困るという事がない様にしておきたいですね。

刻印ができる結婚指輪

指にはめている間は見えませんが、結婚指輪の裏側に刻印する事ができます。でも刻印できるスペースというのは限りがありますので、どんなメッセージするのかよく考えないといけません。

文章にするには狭すぎるので、単語やイニシャルだけを刻印する事もあります。漢字やひらがななど日本語の刻印はなく、アルファベットや数字が多い様ですね。

イニシャルや結婚記念日が多く、LoveやForeverまたはWithなどは人気があるみたいです。もちろん、お気に入りの言葉があれば、字数制限におさまる範囲で自由に考える事ができます。

なかなかいい言葉が思い浮かばないという人もいる様ですが、結婚指輪ですので、他の人の刻印を参考にいい言葉を決めましょう。

ウェーブラインの結婚指輪

シンプルな直線ラインのストレートの結婚指輪もありますが、自分で指があまりきれいではないと思う人は、ウェーブラインの物も試してみるといいかもしれません。

ウェーブラインの結婚指輪は、指が美しく見える様に考えられています。特に指が短いという人はより長く見せてくれる様な効果も期待できるみたいです。

指輪を単体で見ていてもとてもラインが美しいのが特徴です。女性であれば、ネイルアートを施すとより一層指が長くきれいに見えるでしょう。

マリッジリングだからという事で指にはめるのではなくて、ファッション性も優れていると使いやすいですね。まるでファッションリングの様に楽しくはめる事ができそうですね。

カップルで異なる結婚指輪

結婚するカップルが男性と女性で同じ結婚指輪を買うというのはよくある事でしょう。

宝石のあるなしなど細かい部分については異なる場合もあります。女性用と男性用で若干デザインに違いがある場合もあります。また一方で、男性の指輪と女性の指輪を組み合わせると一つの模様となったり、デザインがマッチする様な結婚指輪もあります。

さらにお互いがリングに対して強いこだわりがあり、どうしても自分の欲しい物がいいという場合には二人で全く違うリングにする事もできます。どんな物にするのかという事はしっかりと話し合って決めたいですね。

一生使う物ですので、買う時にはあまり妥協したくはないという人もいます。

ウエディングに関する記事